不動産を相続したほうが税の負担を軽くすることができる? | 相続税かかる?かからない?

HOME » 相続税について » 不動産を相続したほうが税の負担を軽くすることができる?

不動産を相続したほうが税の負担を軽くすることができる?

相続財産として現金や有価証券が相続される場合は、それらの時価が相続税の課税対象となるので比較的わかりやすいです。
しかし不動産を相続する場合には時価ではなくて、路線価や固定資産台帳などから算出された評価額に対して課税されます。

不動産の評価額を算出する方法ですが、土地の評価額については路線価方式か倍率方式のどちらかで算出されるのです。
建物の場合は、基本的に固定資産課税台帳に記載されている固定資産税評価額で評価されますが、建築途中の建物の評価額は総工費に進捗率をかけた費用現価から求められます。
また、その建物が賃貸物件の投資不動産の場合には、建物の評価額が30%程度控除されることになるのです。
このように不動産を相続する場合には、様々な状況が考慮されて一定の条件に該当すると、相続税の負担軽減措置や特例を受けることができるように配慮がされています。
その為、現金や有価証券を相続するよりも、不動産を相続した方が相続税の負担を軽くすることができるケースがあるのです。

このように現金などを不動産に変えることで相続税を節税できる可能性は高くなるのですが、その一方で不動産だからこそ難しいこともあります。
そのひとつは現金なら法定相続人の人数で単純に割ることが可能ですが、不動産となると複数人で相続することにより民法の共有という問題が発生するのです。
また相続税対策で不動産を所有することは相続では得をすることになりますが、不動産所有で固定資産税などの税金が課せられますし、建物の維持管理の手間・維持費の負担などが必要になります。
不動産は短期的には相続税対策として有効ですが、長期的に見て不動産の所有が得することが多い状況でなければ結果的に負担となるのです。

それからもうひとつ注意したいことは、相続した不動産を相続登記しないでそのまま放置していると、後々面倒なことが起こることになります。
ですから、費用は掛かりますが早めに相続登記をすることがおすすめです。