相続税について についての記事一覧 | 相続税かかる?かからない?

HOME » 相続税について

相続税について

不動産を相続したほうが税の負担を軽くすることができる?

相続財産として現金や有価証券が相続される場合は、それらの時価が相続税の課税対象となるので比較的わかりやすいです。
しかし不動産を相続する場合には時価ではなくて、路線価や固定資産台帳などから算出された評価額に対して課税されます。
不動産を相続したほうが税の負担を軽くすることができる? ≫ Click

相続する建物にかかる税金を計算するのなら

建物を相続した場合の相続税を計算するにあたっては、建物とその敷地となる宅地とは別々に評価します。
建物については基本的な評価方法は、固定資産税評価額に一定の倍率をかけるというもので、現在は倍率が全地域で1.0倍となっているので、固定資産税評価額そのままが評価額です。
その固定資産税評価額については、固定資産税納税通知書に記載されていますし、不動産の存在する市区町村役場で本人・相続人・その代理人が取得することもできます。
相続する建物にかかる税金を計算するのなら ≫ Click

遺産総額に土地が含まれるケースの相続税は?

被相続人の残した相続財産のうちで、この金額までなら非課税になるといったボーダーラインが相続税の基礎控除です。
つまり、基礎控除額よりも相続財産が少ない場合には全額非課税になるため相続税が課税されることはありません。
その反面、基礎控除額よりも相続財産が多いケースでは、基礎控除額を超えた額に対して相続税がかかるのです。
ですから、相続財産がいくらになるのかを算出する必要があります。
遺産総額に土地が含まれるケースの相続税は? ≫ Click

子供一人の世帯は相続税を考える時に注意を

夫婦・親子で楽しく生活している家族であっても、いつか相続という話が発生する可能性も考えられるものです。
しかも、ある程度まとまった相続財産がある家庭は、いずれは自分名義の財産を分与するべき時がくると考えておくことも必要と言えます。
ある日突然お別れということが起きた時に、配偶者や子供が相続財産のことを何も知らないままでは、相続税の申告などで大変になることもあるのです。
ですから、配偶者や子供に自分の財産の所在を伝えておくべきで、相続財産がどのくらいあるのかなどを生前にすべて記録して相続人全員に知らせておくのがベストと言えます。
子供一人の世帯は相続税を考える時に注意を ≫ Click

相続税控除制度の中でも利用される機会が多い配偶者控除

相続税には基礎控除以外にも税額軽減につながる制度が設けられていて、その相続税控除制度の中でも最も額が大きくて、利用される機会が多いのが配偶者控除です。
この配偶者控除は、相続税の計算をする際に配偶者の相続分の額から、1億6,000万円を差し引けるというもので、これは配偶者の今後の生活を守るためと考えられます。
ちなみに、配偶者控除は正式にいうと配偶者の税額の軽減です。
相続税控除制度の中でも利用される機会が多い配偶者控除 ≫ Click

相続税がかからないケースはあるのか?

被相続人が残した財産を相続する人すべてに相続税が課税されるわけではなくて、実は相続税がかかる人はかなり少ないのです。
ですから、どのようなケースなら相続税がかからないのかを知っておくことも必要なことと言えます。
そのひとつは、ある一定以上の遺産がなければ相続税はまったくかからないですし申告の必要もないのです。
相続税がかからないケースはあるのか? ≫ Click

相続税がかかるかはどのように判断できる?

遺産相続した場合に相続税はいくらからかかるのか、そもそも相続税はかかるのかといった疑問を持つ方は少なくありません。
様々な要件により異なるので一概には言えませんが、最も明快な回答のひとつは遺産総額が3,600万円以下の場合は相続税が一切かかることがないということです。
つまり3,600万円というラインを超えるかどうかが基準になると理解できます。
そして、その為に必要となる情報が遺産総額と相続人の数で、これがはっきりすることで相続税がかかるのかどうか、いくらからかかるのかの概算が把握できるのです。
相続税がかかるかはどのように判断できる? ≫ Click

遺産相続したら誰でも相続税の申告が必要なのか?

被相続人が亡くなったことにより各相続人などが相続や遺贈により財産を取得したら、誰でも相続税の申告が必要なのかというとそうではないのです。
相続財産の合計価額が基礎控除額を超える部分が相続税の課税対象となるので、相続税の申告をしなければならない方と申告しなくても良い方に分かれます。
明らかに相続税の申告が必要な場合には、相続人の代表者に対して税務署から申告書が送付されてくるようのですが、微妙な場合には税務署の判断で送られてくるのです。
遺産相続したら誰でも相続税の申告が必要なのか? ≫ Click

相続税の計算の流れを簡単に理解しておきましょう

相続税の計算の流れは、すべての遺産と債務を把握する、課税価格を計算する、相続税の総額を算出する、各人の相続税額を算定するのです。
このように記載すると簡単に感じられますが、相続税の手続き・計算は複雑かつ正確さが要求されます。
その為、相続税の手続き・計算が必要になった場合には、約90%の方が税理士に依頼して計算・申告手続きを行っているのです。
相続税の計算の流れを簡単に理解しておきましょう ≫ Click